全件一覧

無理な免許返納は悪影響?円満な免許返納には第三者の診断が必要

高齢ドライバーの事故割合は平成29年には全体の17.9%を占め、今後も増加が推測されています。75歳以上の約80%が「車の運転に自信がある」と回答し、高齢ドライバーの多くが約80歳まで運転をしたいと考えている調査結果も。無理な免許返納を迫った場合には「家族との関係が険悪になる」「認知症が進む」「引きこもりになる」といった悪影響もあります。円満な自主返納のため「高齢者安全運転診断サービス(高安診サービス)」の客観的な診断を利用しましょう。

認知症のサインは接触事故や迷子!免許返納の勧めは第三者の診断が重要

自動車の運転でよく道に迷う、車庫入れで接触事故を起こすようになった場合は認知症の疑いがあります。認知症は自動車の安全運転に必要な判断能力や認知能力を低下させるため、他者や同乗する家族を巻き込む交通事故を起こすリスクがあり危険です。また交通事故に限らず運転中に目的地や自身の居場所が理解できなくなり行方不明となるケースもあります。高齢な家族に運転を注意させて免許の返納を促すときは第三者による診断が重要です。

高齢者があおり運転の被害に遭わないために行うべき3つの対策

高齢者があおり運転の被害に遭わないために行うべき対策は3つです。

周囲の自動車から保護を受けるためにも、高齢ドライバーは車にもみじマーク(高齢運転者マーク)を表示して運転しましょう。また、車にドライブレコーダーを設置して「ドライブレコーダー撮影中」のステッカーを貼ることで、あおり運転の被害に遭うリスクを低減可能です。逆に、自身の運転が相手のあおり運転を誘発してしまうケースもあるので注意しましょう。

高齢ドライバーが高速道路を逆走する3つの理由

高速道路の逆走の約7割が65歳以上の高齢者によって引き起こされています。高齢者による高速道路の逆走には「判断力の低下」「認知機能の低下」「運転技術の過信」という3つの理由があります。高速道路の逆走事故では、高速道路の事故全体に比べ、死傷事故となる割合が約5倍、死亡事故となる割合は約40倍にもなります。高齢者による逆走の理由を具体的に解説し、高齢者が運転の現状を客観的に把握できるサービスをご紹介いたします。

高齢者の事故はここ10年で減少傾向にある!

高齢者の事故は、年齢が高いほど起こしやすい傾向にあります。全体に占める割合も年々高くなっているように見えますが、これは高齢者人口と免許保有者数が影響しているためでしょう。警視庁によれば、高齢運転者の交通事故発生件数は平成20年から平成29年にかけて964件減っています。また、同じ期間において免許人口あたりの死亡事故件数も半分近く減少しているのです。しかし、高齢運転者のリスクは残っていますので、事故防止対策は欠かせません。

過信は危険!加齢に伴う身体能力の低下は車の運転にこんなに影響する

認知、判断、操作の繰り返しの運転には、身体能力が大きく影響します。特に視覚は認知の重要な身体能力。加齢による視覚能力の低下は高齢ドライバーにとって最大のリスクです。また自覚しにくい筋力や柔軟性の低下が「わかってはいるけれど身体が言うことを聞かない」という反射機能の鈍化を招きます。また、認知判断能力の低下は大事故に繋がります。いつまでも安全に運転するために、客観的に運転を記録して診断してもらうのも一つの方法です。

右左折はシャドーボクシングで!?

東京大学・神奈川大学の先生であり、高安診の理事でもある久保登先生が、最近の話題にあがる交通安全テーマについて語る「久保コラム」。

人の振り見て我が振り直せ

東京大学・神奈川大学の先生であり、高安診の理事でもある久保登先生が、最近の話題にあがる交通安全テーマについて語る「久保コラム」。

< 12 >