ヘッドライトのハイビームの使い方

「ヘッドライトのハイビームの使い方」

 最近、各地の警察署が「夜間のヘッドライトのハイビーム使用」を勧めるようになりました。確かに、普段使っているロービームに比べてハイビームははるかに遠くのものまで照らし出すので、自分の車を安全に運転するには効果的です。

 警察庁でも、「ヘッドライトは、交通量の多い市街地などを通行しているときや、対向車・直前の先行車がいるときはロービーム、そうでないときはハイビームにしましょう。」と指導するようになってきました。

 しかし、ハイビームは周囲を明るく照らす、つまり周囲の人たちに強い光を当てるものですから、その使い方は慎重にすることが大切です。ここでは、効果的で他の人に迷惑をかけず、安全に運転できるハイビームの使い方をご紹介します。

 

 「交通量の多い市街地など」ではロービームにすべきですが、この実際の意味は、「1人・1台でも対面する歩行者・自転車・自動車などがいる場合」と考えてください。つまり、交通量の多い市街地は当然ですが、交通量が少ない郊外などでも、対面する人・車がいると考えられる場面では、みだりにハイビームを使ってはいけません

 

 自動車のハイビームは極めて強い光なので、100m以上離れていても、対面者は目がくらんでしまい、相手は極めて危険な状況に陥ります。もしハイビームに切り替えて、対面する人・車などに気づいたら、すぐにロービームに戻しましょう。

 このため、ハイビームに切り替えた時は、常にライトの切り替えレバーに指を当てておき、すぐにロービームに戻せるようにしましょう。

 

 また、カーブやクランクの手前などでは、正面遠方をハイビームで照らす必要がなく、また曲がった道路の先から対向車が来ることも多いので、40mぐらい手前でロービームに戻すようにするとよいです。

 このように、よほどの「田舎道」でもない限り、ハイビームは一回にはごく短時間(数秒程度)しか使う機会がありません。そのため、ハイビームは、切り替えた瞬間に、遠方まで照らされた範囲の状況をしっかり見ておくようにしましょう。そうすれば、その直後にロービームに戻すことになっても、少なくともその時点での遠方の落下物などを把握できます。

 適切なハイビームの活用は安全運転にとって効果的と思いますが、肝心なのは、ハイビームでもロービームでも、道路状況が把握できるような速度で走る、ということです。

 皆様も、自分の視野が届く範囲のスピードで安全に夜間走行されるように期待しています。